包茎の種類について

包茎という言葉は知っていてもどういう状態なのかいまいちわかっていない人は多いでしょう。ここでは簡単に包茎の種類について紹介したいと思います。包茎には仮性包茎、カントン包茎、真性包茎があります。症状が軽い順に仮性、カントン、真性と認識してもらっても構いません。

仮性包茎とは最も多い包茎で平常時は包皮が亀頭にかぶっています。勃起時には皮がむけ亀頭が顔を出すといった感じです。また正常時でも手で皮をむき簡単に亀頭を出すことができます。日本人男性の6割から7割程度が仮性包茎です。

カントン包茎とは仮性包茎より包皮がやや被った状態を指し、平常時に手で包皮をむこうとしても仮性包茎に比べ簡単にむけるわけではなく亀頭をどうにか出すことができるという程度です。無理にむくと皮が亀頭の根元をきつく締め元に戻せないことができてしまい、大きな腫れにつながることもあります。

真性包茎とはカントン包茎よりさらに包皮が亀頭を覆っている状態で平常時には手でむくこともできません。亀頭を包皮が覆っているためちんちんの成長も妨げてしまいます。先っぽが膨らまなくなってしまうので先細りのちんちんになってしまいます。さらに正常な性行為は不可能なことが多いです。