真性包茎は包茎手術を

日本人男性の包茎の確率がどれくらいか知っていますか?大体6割から7割程度と言われています。それを聞くとじゃあ手術しなくていいやと思ったり特に心配することはないと思う人は多いはずです。しかし注意しなければいけない点もあります。

上記で日本人男性の包茎は6割から7割程度と挙げましたが多くが仮性包茎の割合です。真性包茎に至っては1~2%しかありません。この包茎の違いについては後程記載しますが、仮性包茎をそのままにしておくのと真性包茎をそのままにしておくのとでは意味合いが全く違ってきてしまいます。

真性包茎の場合は恥垢がたまりさらなる炎症を引き起こす原因に直結してしまいます。自分だけではなく性行為をする際パートナーが感染症を起こしてしまうというリスクを起こしてしまうのです。真性包茎でも性行為が不可能というわけではありませんが、ちんちんが不潔な状態であるのは間違いないため相手の立場から考えてもいい気はしません。快感についても鈍いものがあります。快感が少なく性行為をしてもいまいち乗り切れないということがあるのです。

そのため真性包茎である場合真っ先に手術することを決断してください。包茎手術をするというのは恥ずかしいと考えている人も多いかもしれませんが、外国ではごく当たり前のように手術をしています。日本人はあまりそういう習慣がありませんが恥ずかしいことではないので、特に真性包茎の場合はすぐに病院にコンタクトしてみてください。